カードローンのメリットと注意点

   2018/08/14

カードローンはお金が足りなくなった時の助けになります。でも、返済能力を超えた使い方をすると返しきれない程に借金が膨らんでしまうかもしれません。

お金の借入が膨らみ多重債務に陥った場合には、債務整理を検討して下さい。任意整理は裁判所をとおしませんが、そのほかの借金の整理なら、裁判所の判決によって債務の減額が許可されるため、多重債務を解消し、日常生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)をやり直すことができます。

どういった形で債務者が借りたお金を整理するかによって債務を整理の方法は4種類あります。

すなわち、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種類のことです。どれも圧縮が可能な金額や裁判所の介入があるのかどうか等、違った手続きになります。

共通な点として挙げられるのは事故情報が一定の期間信用情報機関に保存されることで、新規の借入はそれがなくなってからでないと容易にはできないという事でしょう。
どれだけ公言しにくいことでも、弁護士に財産や債務をごまかしたりするようなことはNGです。信用できないということで、弁護士が辞退する可能性があります。債務を整理のために自己破産するのは、このまま返済を続けていても完済できる見込みがないということを法的に立証する訳です。

返済能力に偽りがあれば、自己破産はできないことは当然ですし、債権者だって減額を許可しないのは確実です。
嘘をつくことはデメリットしかありませんから、このようなことは考えないで下さい。債務を整理を行なう場合、弁護士事務所などにおねがいする人が多いですが、無料でできる訳ではありません。

借りたお金を抱えているから頼んでいるのに、と嫌な気持ちになるかもしれませんが、仕方がないことですから、割り切って下さい。

ですが、そのあたりの事情は相手も分かってくれますので、分割で支払ったり、支払いが債務を整理後でもOKだという事務所もありますから、あまり悲観的にならず、まずは問い合わせてみて下さい。立とえ弁護士に着手金が払えない状態でも、債務整理が依頼できない訳ではありません。誠意を見せるという意味でも手付金を持って行き(アトで着手金に充当します)、不足分は債務整理手続き中の返済猶予期間に積みたてをして、結果が出てから成功報酬と合わせて積立から精算をおこないます。 ごく一部の例外を除き、債務整理では大抵、このような相殺方法を推奨していますので、検討してみる価値はあるでしょう。

任意整理を行った場合、債権者との交渉によって残った債務を毎月支払いながら完済を目指します。この最中にお金にゆとりが出た場合には、繰り上げ返済で返済期間を短くしたり、一括ですべて払い終えるという方法が使えます。もし任意整理を専門家に依頼していた場合は、債権者への連絡は、担当者から問い合わせてもらった方が良いと思います。 当然ですが、債務整理を行った結果はメリットばかりではありません。

代表的なものは、信用情報機関への登録でしょう。

要するに、クレジットカードやローンの審査に通らなくなります。

具体的な期間についてですが、どのような方法で借りたお金の整理を行ったかでブラック解除までの時間が5年から10年の間でちがうことに留意しておきましょう。

このごろはきかれなくなりましたが、債務整理のひとつとして特定調停というものがあります。
返済すべき債務があり、なおかつ過払い金が生じている時に選択できる手法です。

債務よりも過払い金のほうが多いことが分かれば、特定調停以降に日を改めて過払い金請求をする必要がありますね。債務が残っているうちは過払い金請求はできず、返すこと終了後に行えるようになります。
任意整理のとき携帯支払いのデメリットは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket