どのくらいの減額を期待できるか

   2018/01/08

仮に、今ある借金を債務整理で整理した場合、何割くらいの借金の減額が期待できるのかという点はとても気になるところだと思います。

これを掌握したい場合、司法書士や弁護士などがうけ付けている無料相談を使うと確実な答えをもらえますが、躊躇してしまう気持ちも分かります。サイトなどでは、無料の債務整理診断サービスなどがうけられるので、これを使って目安をしることをおススメします。債務整理をするとブラックリストに名前が載るので、時間を置かなければ、キャッシングをすることもできなくなります。
またサービスがうけられるようになるまでに必要な時間ですが、債務整理の方法で異なるでしょう。
しかし、定期的な収入があり、今勤めている会社の勤続年数が長いようなら、審査基準が緩い消費者金融で審査を通過できることがあります。

なお、審査を通過しやすい債務整理の方法は、任意整理です。

次に個人再生、自己破産と続きます。

債務整理を不道徳な弁護士に依頼した場合、良くない結果を招いてしまうので注意が入り用となります。ネットの口コミなどを確かめながら良識のある弁護士に頼まないとものすごく高い手数料を取られてしまいますから警戒したほウガイいでしょう。

要注意ですね。

債務整理をしたことの事実についての記録は、おもったよりの間、残ります。この情報が残ったいる期間は、新たな借金が不可能になってしまいます。
情報は何年か経てば消えますが、それまでは見ようと思えば誰でも見られる状態で残ってしまいます。
借金をこの先払えないがどうなるのだろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket